矯正歯科のおかげでコンプレックスとさようなら!

歯医者

治療の種類について

Female

では、先ほどご紹介した、矯正を専門とする歯医者さん、大阪エリアの矯正歯科で受けることの出来る矯正治療を細かく見ていきます。ここまでで紹介したのは・・・通常の矯正方法である、ブラケットを使ったワイヤー矯正。矯正の機関を大幅にカットするための即効性の強い矯正方法である、クイック矯正と技術者を現在増やしているインプラント矯正。そして、矯正中であることを目立たなくするための、舌側矯正とマウスピース矯正。
まずはこのマウスピースと舌側矯正についてご消化しいましょう。舌側矯正はその名前のとおり、表側でなく、歯の裏側・・・つまり舌が有る方に金具を着けてワイヤー矯正を行う方法です。これは、表からはほとんど矯正中だということが分かりません。ただ、歯の裏側からの矯正技術を必要とするため、その治療は通常よりも慎重に行う必要がありますので治療期間が長くなるようです。マウスピース矯正はアライナーと呼ばれる透明のマウスピースを使用します。取り外し式きの矯正なのでどの矯正治療よりも簡単です。ですが、これは比較的、矯正の必要が軽い症状での仕様となり、大きな歯の歪みなどには使用できません。軽い症状の時に使用します。

さて、歯の歪みなどが健康的にも悪いと判断して大阪エリアの歯科へ行く。これは大阪エリアの矯正歯科に通う理由としては、まっとうでしょう。ですが、治療機関が長くて、大阪エリアの歯科への通院の回数もあるので結局は断念してしまう方も多いでしょう。そんな時には比較的に治療の時間を短縮できる即効性の強い、矯正方法があります。それを、クイック矯正といいます。これは、クラウンなどの被せ物やラミネートベニアなどのフィルムを使った治療方法で、矯正というよりは人工技術を使った方法です。通常は何年も掛かる矯正ですが、この方法ならば2週間前後で終わります。